asahipiano

輸入ピアノの総合商社[グランドピアノ・アップライトピアノ・ピアノ消音ユニット・ショールーム案内]

  • 電話 / 053-434-9636
  • FAX / 053-434-9638

新着情報

Home > 新着情報 > 修理工房

修理工房

外装の塗装

先日弦張りを終えたピアノですが今度は外装の塗直しを行います。

古い塗料は丁寧にはがし下地を出していきます。
塗装   はがし1.jpg

塗装   はがし2.jpg


新しい塗料を塗り直し磨きだします。
塗装 仕上がり1.jpg

塗装 仕上がり2.jpg

張弦作業

前回ピン板を交換したピアノですが今日は新しく弦を張っていきます。

取り外したフレームは汚れを落とし金粉塗装を施しました。
フレーム塗装 1.jpg

ピアノ本体にフレームを固定し弦を張っていきます。
弦張り1.jpg

弦張り2.jpg

ピン板の交換

ピアノの弦を保持するチューニングピン。

このチューニングピンのトルクを支えているのがピン板です。

古くなったり、過乾燥によって割れたりしたものはピンを保持できず調律することができません。

今日はそのピン板を交換します。

古いピン板 過乾燥によって亀裂が生じてます。

ピン板の交換1

ピン板の交換2

古いピン板を全て剥がします。

ピン板の交換3

寸法に合わせオーダーしたピン板を新しく取りつけます。

ピン板の交換4

ピン板の交換5

響板の割れ修理

響板は弦の振動を伝えるピアノにとって最も重要な部分です。

過乾燥により割れることが有りますが、同じ材料を使い修復します。

修理前

響板修理前 1.jpg

響板修理前 2.jpg

響板修理前 3.jpg

修理中

響板修理.jpg

修理後

響板修理後 表.jpg

響板修理後 裏.jpg

響板修理後 裏 拡大.jpg

テーブルの修理をしてみました。

ピアノ修理の塗装職人さんにお願いして家具の修理をしてみました。

古い傷だらけのテーブルをシックなブラックオープンに仕上げていただきました。

修理前▼

201905Before.jpg

修理後▼

201905After 1.jpg

201905After 2.jpg

(写真のテーブルの塗装修理費用は 20,000円)

愛着のある家具など修理いたします。

都度お見積もりしますので家具の写真などを添えて気軽に問い合わせください。

お問い合わせはこちら

ページの先頭へ