asahipiano

輸入ピアノの総合商社[グランドピアノ・アップライトピアノ・ピアノ消音ユニット・ショールーム案内]

  • 電話 / 053-434-9636
  • FAX / 053-434-9638

新着情報

Home > 新着情報 > 修理工房

修理工房

70年前のヤマハのアップライトピアノのフレーム割れ溶接補修

70年前のヤマハのアップライトピアノのフレーム割れを溶接補修しました。

IMG_20210525_105701.jpg

約80年前のアップライトピアノのピン板を交換しました。

約80年前のヤマハ、アップライトピアノのピン板を交換しました。

当時のピアノは作りが込んでいて低音部、中、高音部のフレームの厚みが違います。

それに合わせてピン板を加工するのですが、木型を作るほどの高度な木工技術を要します。

IMG_20210601_080151.jpg

IMG_20210601_075753.jpg

IMG_20210601_075649.jpg

グランドピアノを新色パールホワイトに塗ってみました。

 塗装色に新色 パールホワイトが登場です!

 写真ではわかりづらいのですが、ただの白ではなくクリアー塗面の下にパール紛が入っています。

 通常の白塗装に比べると高級感が増してオススメです。

 詳しくはこちらをご覧ください。

パール-min2.jpg

1パール-min.jpg

パール2-min.jpg

木目調ピアノのリニューアル

50年前の木目調ピアノを白いピアノにリニューアルいたしました。

アサヒピアノの修理では、鍵盤のクリーニングから全面塗装の塗り替えも可能です。

詳しくはこちらをご覧ください。

↓Before

before 1.jpg

before 2.jpg

↓After

After 2.jpg

70年前のヤマハ G3のピン板を交換いたしました

古いピン板1.jpg

古いピン板2.jpg

ピン板に亀裂。この状態ではチューニングピンのトルクが保持できず調律することもできません。

新しいピン板 1.jpg

新しいピン板 2.jpg

ピン板自体を新しいものに交換。製造メーカーで培った熟練工の仕事です。

ページの先頭へ